時を超えたベストアニメ作品

ビデオスロットはインターカジノ!

アニメ産業は漫画、ゲーム、ライトノベルなどのポップカルチャーの影響で飛躍的に発展しました。漫画、ゲーム、ライトノベルといった媒体からアニメ化された作品は特に人気です。今では日本アニメが英語吹替えや字幕で見られるようになったため、世界中で急速に普及しています。

今回は定番アニメから新作まで、おすすめのアニメシリーズをご紹介しましょう。

  • 鬼滅の刃

2019年、この衝撃のアニメ作品が放映され、世界中のアニメファンを驚かせました。「鬼滅の刃」は2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載された吾峠呼世晴の漫画を原作とするアニメ作品です。「鬼滅の刃」第1シーズン(全26話)は、原作ファンのみならず、原作を読んでいない層にも大人気となりました。

  • ナルト

忍者をテーマにした最高のアニメ「ナルト」。1999年に岸本斉史の原作が週刊少年ジャンプに掲載開始され、2014年まで連載されました。ナルトのアニメシリーズは2017年に15年以上の時を経てようやく完結。このシリーズは2002年~2007年まで放送された「ナルト」と、2007年~2017年まで放送された「ナルト疾風伝」の2タイトル構成となっています。

  • CLANNAD(クラナド)

アニメリストでトップ3に選んだこの作品は、京都アニメーションの名作の一つなので、アニメファンの方には特にお勧めします。アクションシーンや超自然現象は出てきませんが、ヒューマンドラマが共感を持って描かれています。

  • 「物語」シリーズ

新房昭之が監督、シャフトが制作の「物語」シリーズは、2009年に公開されたアニメ作品です。西尾維新の小説が原作で、西尾維新アニメプロジェクトがアニメ化も手掛けています。「化物語」「偽物語」「偽物語〈黒〉」は、2009年~2012年まで放送された「物語」シリーズの初期シーズンです。各作品では、女子高生の阿良々木暦をはじめとする個性的なヒロインたちを中心とした数々の奇妙なストーリーが描かれています。

  • ワンピース

最も有名、かつ売れており、長年続いている漫画&アニメといえば、間違いなく「ワンピース」でしょう。1997年に第1巻が出版され、今までに世界中で90巻以上が発売されています。アニメは最初の単行本が出版された2年後に放送がスタートし、今までに900話以上が放送されました。「ワンピース」全体は10前後の章に分けられており、初心者はどこから見ても楽しめます。

  • 新世紀エヴァンゲリオン

庵野秀明監督の「新世紀エヴァンゲリオン」は、1990年代の日本アニメの代表作として広く知られています。この人気メカ・アニメの主要登場人物は、碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレー、渚カヲルです。彼らは巨大な人型ロボット「エヴァンゲリオン」を操作し、使徒たちと戦います。どの作品から見ても楽しめます。