絶対に見るべき国内ドラマ ベスト5

Netflixのようなプラットフォーム、そして多くの翻訳者や声優の活躍により、世界的に大ヒットしていない他国の番組や映画も見られるようになったのは嬉しい限りです。 でも国内ドラマも必見です。

  • 花より男子

経済的に余裕のない中流階級なのに、日本の富裕層だけが通う超名門私立校、英徳学園の生徒となった牧野つくしは学校で孤立しています。

学園を牛耳っているのは、日本の大富豪の子弟であるF4(フラワー4)たち。

F4は退学するまでの間、退屈しのぎの遊びのためだけにクラスメートを下に見て、いじめているのでした。

  • コード・ブルー

2007年6月、日本で「ドクターヘリ」制度が承認されました。この制度は、医療チームがヘリで患者の元に飛び、できるだけ早く現場で医療を提供し、患者の容体が安定したら病院に搬送するというものです。

このドラマは、フライトドクター教育を通じ、大変な状況下での医療スキル向上や、時には患者の死を受け入れることを学び、それだけでなく恐怖や不安と向き合い、個人の願望や問題に対処しながら、チームとしても個人としても成長する若者たちの姿を描いたものです。

  • 金田一少年の事件簿

「The Kindaichi Case Files」という英語タイトルの「金田一少年の事件簿」は、日本の探偵アニメシリーズです。伝説の私立探偵、金田一耕助の孫である高校生の金田一一(きんだいちはじめ)が主人公です。アニメや漫画ファンの方にとっては、有名な「名探偵コナン」シリーズと似たようなジャンルですが、この作品の方が少し古いせいか、海外人気はコナンの方が上のようです。

  • ヤマトナデシコ七変化

主人公の高野恭平は、幼い頃から魅力がありすぎて困っている大学生です。家に女性が押しかけてくるため、いつも強制退去させられてしまいます。同じ理由から就職にも苦労しているため(ただし気性の荒さも原因)、お金にも不自由しています。

ある日、美女の遠山雪之丞、まじめな織田武長、プレイボーイの森井蘭丸たちと豪邸をシェアすることになった恭平に対し、家主の中原さんは姪のスナコを立派なレディーにしてくれたら食事代と家賃を無料にすると約束します。

  • ブラッディ・マンデイ

この物語は、テロ組織がロシアでウイルスを組み換え、このウイルスを日本に広めにやって来るところから始まります。日本の諜報機関は、「ファルコン」という名で悪人のコンピューターをハッキングし、悪事を暴くコンピューターの天才高校生、高木藤丸を探しています。

警察はこのウイルスの脅威に対抗するため、高木に協力を求めます。一方、テロ組織の司令官である「J」は、残忍さと知性で恐れられている人物です。果たして高木はJとその一味を倒すことができるのでしょうか。それとも致死的なウイルスが日本に蔓延し、何千人もの命を奪うことになるのでしょうか。